FC2ブログ

読めばあなたもさくらんぼをつくっているような気がしてくるブログ

さくらんぼ狩りフルーツ狩り大沢農園のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お葬式

今日はお葬式へ参列してきました。

田舎へ帰ってきて思ったのは、
「人は死ぬ」ということでした。

大学生からサラリーマンの10年間ほどは都会にいて、
関係のある人もまだ20代30代が多く、お葬式へも
参列することはほとんど無く、「人の死」というものから
非常に遠いところにいたのですが、田舎に帰って農家になって、
父母の代わりに日常的にお葬式へ出ることが多くなって、
「ああ、人って死ぬんだな」とあたりまえのことを思ったのですが、
都会に暮らしているとそのあたりまえのことが、存在しているのでしょうが、
自分の周りには隠れていて気がつかない。

生と死、世間との濃密な繋がりが日常的に目に見えて存在し
それを意識する田舎の暮らしの方が自然なのかなと思いました。
スポンサーサイト

さくらんぼ剪定

去年のさくらんぼですが、今年もこのくらいなるように、
樹の姿を想像しながら剪定作業をしております。

さくらんぼの剪定は、ぶどうや桃に比べて決まったカタチが無いように感じます。
特に山梨においては結実しにくいので、あまり思い切ってスパっと枝を切り落とさない
剪定が多いです。

「さくら切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」
という言葉がありますが、これはさくらの樹は太い枝を切るとそこから
枯れこみが入りやすいということですが、さくらんぼの樹も他の果樹と比べて
枯れこみが入りやすい傾向があるので、あまり太い枝をバサっと切れません。

枝を切ることは芽を切ることで、花芽を切るということは花が咲かないということで、
花が咲かないということは実がならないということです。
しかし、ただ多く花を咲かせまくれば良いという訳ではなく、
玉張りが良く糖度の高い実になる花を咲かせなくてはなりません。
その為に樹の勢力のバランスを調整するのが剪定です。

色々と剪定の本を読んで勉強をしているのですが、本場の山形と
さくらんぼ栽培の南限といわれている山梨では剪定理論は違うでしょうし、
同じ山梨でも土壌条件が違えばまた違ってくるので一概にこれが正解!
という理論は本に書いてあるものではなく、自分の畑で自分のさくらんぼの樹で
つくり上げなければならないなと思います。

その為には樹のカタチだけ真似る樹づくりではなく、樹の生理を考え抜いた
樹づくり、剪定をしなくてはと考えながら作業しております。
難しいですが楽しいです。

さくらんぼ狩り予約第一号

お客様まら今年最初のさくらんぼ狩りのご予約を頂きました。
早々のご予約ありがとうございます。

さくらんぼが実るのは半年後になりますが、
ご期待に沿うような美味しいさくらんぼをつくる為にがんばるぞ!
と剪定をするハサミにも力が入ります。
おっとっと、切り過ぎないように。

たくさん実った真っ赤なさくらんぼをお客様に笑顔で食べてもらう
5月6月を想像しながらの剪定作業です。
今日は暖かい一日でした。

仙台へ

7歳年下の弟が仙台在住のお嬢さんと結婚するつもりだ、と突然でしたがそう言うので、
父母が既に他界している為、兄の私が親代わりと言っては何ですが
お嬢さんのご両親に挨拶へ伺わねばと仙台へ日帰りで行ってきました。

ご両親が娘さんをとても思いやり、愛情を注ぎ、心配されているのがよく分かり、
私が妻を貰いに行った時も妻のご両親に同じ思いをさせていたのか、とか
私の娘が結婚する時も同じ思いをするんだろうなあ、とか
色々考えさせられました。

私はまだ33歳ですが、両親の葬式を出して結婚もして子供もできて
息子(のような弟)の結婚も決まって、もう人生のイベントが
どんどん過ぎていって、あとは娘(2歳)が結婚して孫の顔でも
見るのが楽しみ、なんて老け込んだ夢を妻に言うと、
私はあなたより長生きするから安心して、とのこと。
孫の顔を見るまではがんばるぞ!

今朝は-7℃

寒い。
とにかく寒い。
暖冬っつったの誰だ!と言いたくなるほど寒いと思っていたら、
今朝、畑の温度計を見ると最低気温が-7℃でした。

-7℃がどれほど寒いか分かりやすく言うと、
朝8時に加温ハウスにビニールを張ろうとして側面にへばりついて登って
体を支える為に鉄のパイプを握っていると、鉄パイプが夜間冷やされていて
手袋をしているのにもかかわらず、手を氷水の中に
突っ込んでいるかのように痛くなり、手を鉄パイプから放したいのだけれども
放すと落ちるので悶絶する状態と言えば分かりやすいでしょうか。
分からないでしょうか。
とにかく寒いということで作業がはかどりません。


Top|Next »

ホーム

大沢農園

Author:大沢農園
ひと足早いさくらんぼ狩り。
ゴールデンウィークからさくらんぼ狩りが楽しめます。
2012年さくらんぼ狩り予約受付中!
大沢農園

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。