FC2ブログ

読めばあなたもさくらんぼをつくっているような気がしてくるブログ

さくらんぼ狩りフルーツ狩り大沢農園のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後から来たのに追い越され

人間ドックに向けて、ではなく健康的な生活の為に
朝、自転車に乗っています。

朝は空気も清々しく、車もあまり走ってないので
気持ちよく走れます。
スカッとします。
更に、部活の朝練か何かでえっちらおっちら
ふらふらとママチャリで学校へ向かう中高生を、
私のロードバイクが時速30キロくらいでブチ抜きます。
スカッとします。
恐らく、走っても飛んでも勉強させても何しても勝てないであろう
全ての面において劣るおっさんの私が、前途輝く
若者達を追い越してゆくというのはまったく爽快です。

そんな爽快感もつかの間、ピタピタした蛍光色の
レーシングジャージを着用した本物の自転車乗りの方に
軽くブチ抜かれます。
追いつこうとしても追いつきません。

スポンサーサイト

人間ドック

33歳で人間ドックは早いのでは?
と言われますが、農業という肉体労働者である上に
父母を病気で亡くしているので、さらに妻が
元薬剤師で健康には厳しいので、秋のヒマな時期に
行くようにしておりまして、今週末行く予定なのですが、
それを目指してカロリー控えめアルコール控えめな食生活と
適度な運動を一週間前から心がけておりますがどうなることやら。
人間ドックの前だけでなく、常日頃そうした生活をしていれば
いいのでしょうが。
とりあえず、γGTPとかHDLCとか
そんな難しそうな数値は置いといて、去年は体力測定で40代後半という
屈辱的な判定が出たので今年は30代復帰を目指すべく、前夜に
反復横飛びの予行練習をしておこうかと思ってます。

山梨観光案内

兵庫県西宮から大学時代の友人が奥さんと息子を
連れてはるばる山梨まで遊びに来てくれました。
私の結婚式以来なので、2年振りくらいに会ったのですが、
奥さんと息子は山梨は初めてで、友人も山梨観光は
したことがなかったので、これはひとつ頑張って案内せねば、
と思いましたが、まあ、初めてなのでスタンダードコースで。
勝沼でブドウ狩り→ほったらかし温泉→昼食でほうとう
→富士スバルラインで富士山5合目へ
というありがちなコースでしたが、楽しんでもらえていれば
幸いです。

友人の息子は6歳で、生まれたばかりの頃は
頼んでも無いのにしょっちゅう写真をメールしてきたり、
それは近頃はなくなったのですが、年賀状に毎年
息子の写真を載せてその成長を毎年見ていたので、
何だか私も息子にしょっちゅう会っているような気がして
「○○くん!元気!大きくなったね!いくつになった!」
などと勢いよく話しかけたのですが、
「なんなん、このなれなれしいおっさん?」
みたいな目で見られたのも当然で、
実は実際に会ったのは今日が初。
おっさんはキミのことをよく見ているけど、
キミはおっさんなんか知らんもんな。
でも、「さくらんぼ送ってくれるおっちゃんだよ」
と友人が言うと「さくらんぼは好き!」
と打ち解けました。
来年も送ってあげよう。

日が短くなって

さくらんぼシーズンの頃は夜7時くらいまで外で
仕事ができるくらい日が長かったのですが。

これから段々日が短くなり、
それとともにウチでは夕飯が早くなって、
11月末には4時半に真っ暗で
5時過ぎに夕飯の仕度をすることになる
という妻泣かせの季節になりつつあります。

私が早く夕飯を食べたいのではなく、祖母90歳。
日が短くなるとともに本能がそうさせるのか
食卓へやってくる時間がどんどん早くなります。
そして秋だからか食べる量がどんどん増えます。
長生きの秘訣はやはり食べることなのかなと。

てーら

「この畑はてーらじゃんね」
「てーらだてーらだ」
と、どう見ても斜面にしか見えないのだが
SS(スピードスプレイヤー)と乗用草刈機が
辛うじて使えるくらい若干平らな畑を見て、
そう言う農家のおっちゃんは、いつもてーらな畑で
働いてないおっちゃんである。
と、この前手伝いに行った先のワイン屋さんが言っていた。

そういう私もてーらには敏感なほうで、
盆地の底の里の畑は平らなのが当然なので特に意識しないが、
盆地周辺の山の畑で少しでも水平に近い畑を見ると
妙に感動し、羨ましくなってしまう。
里の畑でしか働かない農家は山の畑の農家のしんどさを
知る由もないでしょうが、山の畑の農家は里の畑で働くと、
その快適さに感動します。山の畑では農作業機械は入らないし、
収穫物を運びだすのも一苦労。第一畑内を移動するのに息が切れる。
そして、靴が早く壊れる。

しかし、山の畑も良いことはあって、
景色が良い。
日当たりが良い。
水はけが良い。
土の保肥力が高い。
あと、根性がつく。
そんなところでしょうか。
てーらのほうが良いですね。
山の畑をてーらにするのが一番なのでしょうが、
多くの労力とお金が必要になるので大変だ。
と、弱気になることもありますが、山の畑で働くことに
誇りを持ってがんばってます。

Top|Next »

ホーム

大沢農園

Author:大沢農園
ひと足早いさくらんぼ狩り。
ゴールデンウィークからさくらんぼ狩りが楽しめます。
2012年さくらんぼ狩り予約受付中!
大沢農園

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。