FC2ブログ

読めばあなたもさくらんぼをつくっているような気がしてくるブログ

さくらんぼ狩りフルーツ狩り大沢農園のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食べられてしまって今はもう無いさくらんぼ達

お客様に畑を開放する前に写真を撮って
さくらんぼとの別れを惜しんでいます。
お客様にも、食べた後では写真は撮れませんが、
食べる前なら撮っても減りませんよ、
とアドバイスをするのですが、あまり聞いてもらえません。

20080521 00230.jpg

20080525 00130.jpg

20080525 002130.jpg
スポンサーサイト

質問色々

「高いところのさくらんぼの方が美味しいですね」
「そうですね、太陽の光を浴びてますし、
養分が上へと引っ張りあげられますからね」

「さくらんぼの種をそこら辺に捨てておけば芽がでるんですか?
ぺっぺとそこらじゅうに吐き捨ててしまうとさくらんぼだらけになるのでは?」
「そう簡単に芽は出ません、さくらんぼだらけにはなりません」

「さくらんぼは食べるとまた実が出てくるんですか?」
「今年はもう出ません。来年にならないと。イチゴとは違います」

「さくらんぼが鳥に食べられてしまいませんか?」
「しまいます。だからネットで畑を囲んでるんですね」

「何でこんな早くからさくらんぼ狩りできるんですか?」
「1月末から暖房機で温めているからです」

「何でこんな傾斜地で栽培しているんですか?わざと?」
「他に土地が無いからです。畑が平地にあれば平たい土地で楽につくりたいです」

「車に乗っていたのは娘さんですか?」
「いえ、あれは嫁で娘は他にいます」

などなど、お客様からの色々な、時に思いもよらない質問で
毎日楽しく過ごしております。
お客様もさくらんぼ狩りだけでなく、
田舎の人との交流も楽しんでいただけたらと思います。

さくらんぼタルトレットをつくってみました

汗だくで樹に登ったり、泥だらけになって草をむしったり、
さくらんぼを食べてしまうタヌキを追っかけたりするような
毎日を送っている私には、当然こんなかわいいお菓子を
つくろうという発想はなく、妻がつくりました。

妻が通っていたお料理教室の先生がレシピを考えて
くれたのですが、やはりプロは違うなと。
素人の私ですと、ジャムくらいしか思いつかないのですが、
酢豚のパイナップルの代わりにさくらんぼを
入れてみるとか、フルーツサンドイッチ
にしてみるとか、色々考えてくれました。

こういった女性ならではのアイデアが、
さくらんぼのまた違った魅力を引き出して
くれるのだろうと、そんなアイデア微塵も
無い、サンドイッチよりもおにぎりくれ!
という肉体労働者の私は思うのでありました。

あっという間に

ゴールデンウィークも終わっておりました。
たくさんのお客様に来ていただき、
ありがとうございました。

お客様から、家族旅行の良い思い出になりました、
とメールを頂き、本当にうれしかったです。
私もさくらんぼ狩り観光シーズンが終わってヒマになったら
どこかへ家族で旅行に行きたいな、と妻に言うと、
「ハワイ!」
と返ってきましたが、私の中では箱根あたりで
温泉のつもりだったので、黙って下を向いておきました。

他にもサラリーマン時代の同期や先輩、
何年も続けて来ていただいているお客様も
今年も来て頂き、本当にありがとうございました。
感謝です。

って、もう終わりのようですが、まだ6月末まで
さくらんぼ狩りはやっております。お待ちしてます。

Top

ホーム

大沢農園

Author:大沢農園
ひと足早いさくらんぼ狩り。
ゴールデンウィークからさくらんぼ狩りが楽しめます。
2012年さくらんぼ狩り予約受付中!
大沢農園

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。