FC2ブログ

読めばあなたもさくらんぼをつくっているような気がしてくるブログ

さくらんぼ狩りフルーツ狩り大沢農園のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

獣道

ウチの畑は山の斜面をなんとか耕作できるようにして
つくられた畑ばかりなのですが、やはり一番山奥の畑は
つくるのもしんどいので耕作放棄。
年に数回除草剤だけかけに行くところがありまして、
そこに行ったら、半年以上行ってなかったのですが、
畑の中に縦横無尽に踏み均されたケモノ道が走っていました。
獣の糞もあちこち落ちてるし。
イノシシのだったらまだいいが、
熊のだったらどうしよう。
殺される、絶対オレ殺される。
除草剤かけても死なないだろうし。
なんて考えていると茂みから急に鳥が
バタバタと飛び立って心臓に悪い。
スポンサーサイト

桃の花も咲いてきました

さくらんぼの授粉にかかりっきりで
摘蕾もほとんど手をつけていないのに、
桃の花が咲いてきてしまいました。
摘蕾(てきらい)とは蕾を摘んでしまって
花の量を減らし、花の量を減らすことで
実の量を減らし、一つ一つの実を大きく
美味しくする作業です。
大雑把に言うと。
これがまたチマチマした作業でして。
得意技は若い芽を摘むことじゃ!
と言って後輩イビリをしていた
サラリーマンの時の同期にでも
してもらえば嬉々としてやってくれるだろうか。
やってくれるハズないか。

桃の花は今週末くらいから一週間が
見頃ではないかと思います。

雑草という名の草は無い

と昭和天皇はおっしゃったので、
私も山野草図鑑などを購入し、
引き抜く草の名を覚えながら
草むしりをしたら、この重労働も
少しは潤いのある仕事になるのではないかと
考えてみたものの、分厚い図鑑など持ち歩いて
仕事は出来ないし、図鑑の写真と実際に生えてる
草の見分けがよくつかんし、似てるのたくさんあるし、
名前もカタカナで長いのが多いし、
農家になってから計算とカタカナには滅法弱くなったしで、
結局は名前など知る必要など無く、
その方が雑草一般への同情もわくことなく、
容赦なく引き抜けるのではないかと思うのですが、
花壇などの草を抜いていると、
これは植えた花か?それとも雑草か?抜いていいの?
えーい抜いちゃえ!という感じで引っこ抜いて、
あーせっかく植えたのに!このアホ!
と母に怒られたこともあります。

雨なので草むしり

雨なのでさくらんぼの授粉ができず、
ビニールハウスの中でいつの間にか
伸びていた雑草をむしっていました。
桜の花や桃の花は咲くのをみんな
待っているので蕾が膨らんだだけで
おっ、大きくなったなと気がついたり
開花宣言を出したりしますが、
雑草はいつも誰にも気にされてないので
こちらの油断に乗じて伸び放題伸びてます。
アルバイトの男の子にも草むしりを
してもらっているのですが、そのむしる
スピードが遅い。
草を憎む気持ちが足りないんだ!
親の仇と思ってむしれ!
と明日アドバイスしてみようと思いますが、
私の気持ちが伝わるかどうか心配です。

まだ咲かなくていいのに

甲府で桜の開花宣言が出ました。
うちの畑の見晴台にある桜もいつのまにか
一輪二輪咲いていました。

観測史上4番目の早さとか。
桜が早く咲けば当然さくらんぼの花も早く咲いて、
花が早く咲けば当然実も早くなって、
実が早くなれば当然早く熟期がきて、
さくらんぼ狩り観光シーズンも
早く終わってしまうわけで、
去年と同じような時期に予約を頂くと、
もうさくらんぼが無い!というような
ことになってしまう懸念が。

最近ニュースでよく聞く言葉、
桜開花とか、春到来とか、ぽかぽか陽気とか、
一般的な人にとっては心温まる言葉かもしれませんが、
私にとっては負のイメージしかなく、
まだまだ寒いとか、朝晩の冷え込みとか、
そんな言葉を聞くと、いいぞっ!その調子!と
思ってしまうのであります。

Top|Next »

ホーム

大沢農園

Author:大沢農園
ひと足早いさくらんぼ狩り。
ゴールデンウィークからさくらんぼ狩りが楽しめます。
2012年さくらんぼ狩り予約受付中!
大沢農園

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。