FC2ブログ

読めばあなたもさくらんぼをつくっているような気がしてくるブログ

さくらんぼ狩りフルーツ狩り大沢農園のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さくらんぼの花が次々咲いて

次々と開花してしまい、授粉作業が
追いつかなくなってきてしまいました。

咲かないと当然困るのですが、
咲くと作業時間がかかって終わらないし、
ちゃんと受精してるかどうか心配だし、
鼻はつまるしくしゃみは出るし目がかゆいし、
ラジオからは卒業ソングばっかり流れるし、
風が強くてビニール吹っ飛ばされそうだし、
そんな心休まらない一日でしたが、
まあこれから6月末のさくらんぼシーズン終了まで
心休まることなんて無い。

それでいいのですが。
スポンサーサイト

農家だって花粉症になる3

鼻水が詰まって気持ちが悪くって、
手元にティッシュなどが無い時、
あなたはどうしますか?

家や学校、会社ならどこか探せば
鼻水を出すものがあるでしょうが、
畑にはない。
ポケットティッシュも持っていない。
そんな時、どうしますか?

農家には手鼻という技があります。
小学生の時、今は亡き祖父がこれを
したのを目撃し、何が鼻から飛び出たのか
まったくわからず驚いたもので、
それ以降これを目にしたのは、
兵庫県尼崎の園田競馬場でのことくらいのものです。

ビシッと決まると非常に気持ちのいいもので、
無頼派な感じが哀愁をそそります。
しくじると非常に情けないもので、
鼻下数十センチにぶらぶら垂れ下がってしまって、
ニヤリと笑ってみると、頭の悪い小学生
の気分が味わえます。

汚い話で申し訳ありません。

農家も花粉症になる

いつも自然に囲まれて、自分でつくった野菜を食べて、
体を動かす仕事に従事し、イノシシなど野生動物
とも触れ合うような暮らしの農家は、
都会に暮らす人間につきもののストレスとは無縁の生活で、
きっと花粉症などという現代病にはかからないだろうと
農家以外の方はお考えかもしれませんが、
私は花粉症です。

それは私がもやしっ子農家だからではなく、
農家といえどやはり現代に暮らす文明社会の享受者、
けっこう年配の農家の方もマスクをして農作業したり、
くしゃみが山に響いたりしています。

畑にワラを敷きました

加温ハウスにワラを敷きました。
土の水もちが向上しますし堆肥にもなります。

ゴッホの絵のようだ、
なんて言ってみましたが、実は
私が敷いたのではなくアルバイトの
広瀬君(19歳学生)に敷いてもらったもので、
これ敷くのけっこうしんどいんですよね。
ご苦労様でした。

のろまな私は剪定が終わらずに
ヒーヒー言いってます。
農作業はいくら効率良くやっても、
とにかく地味で時間がかかるものが多く、
ゴタクはいいからとにかくやれといった仕事を
一人でちまちまやっていると、
あーオレがもう一人いたら十日で剪定終わるところが
五日で終わるのか。もう二人いたら三日とちょっとか。
五人いたら二日で終わるじゃないか!
ヤッター!
などと意味の無い空想の世界で遊び始めがちです。
ゴタクはいいからとにかくやれと。

馬鹿花

とでも書くのだろうか。
さくらんぼ農家一筋30年以上の伯父が
「バカッパナが咲いたか」と電話で聞く。
父も「バカッパナだ」と言う。

他のさくらんぼの花がまだ咲かないのにポツンと
先に咲いてしまう花を「バカッパナ」と
称するらしいと知ったのは2年前の今頃だったのだが、
加温ハウスでは暖気の流れで早く咲くところと
中々咲かないところの差が出てしまうのだが、
馬鹿はないでしょう、馬鹿は。

他に先んじて突出してしまうのは
馬鹿以外の何者でもなく、馬鹿と呼ばれない為には
左右を見回して他に合わせてゆかなくてはならない
という、中世封建的農村社会の影響の為かと思いましたが、
他の人にそれを話すと、
暖かくなって浮かれて咲いちゃったから馬鹿なのでは
と言われて、その方が愉快でいいのでそう思うことにします。
春ですね。もう。



Top|Next »

ホーム

大沢農園

Author:大沢農園
ひと足早いさくらんぼ狩り。
ゴールデンウィークからさくらんぼ狩りが楽しめます。
2012年さくらんぼ狩り予約受付中!
大沢農園

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。