FC2ブログ

読めばあなたもさくらんぼをつくっているような気がしてくるブログ

さくらんぼ狩りフルーツ狩り大沢農園のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビニールハウスの穴をふさぐ

そろそろ加温ビニールハウスの準備です。

地上30センチほどのところの側面ビニールに
所々穴が開いているのは、私がビニールに度々ケリを
入れているからではなく、イノシシが突っ込んでくるからなのです。
ビニールは結構厚く出来ていて、そう簡単に穴が開けられる
ものではないのですが、簡単に開けられています。
ムカつきます。
ムカつきながらその穴にあてビニールを詰めてホッチキスで
止めてゆきます。無駄な仕事です。

「イノシシなんか出んけりゃこんなこんしんでいいにね」
と声がしたので見上げると、隣のブドウハウスの上
(地上3メートルほど)に登っているおばちゃんがいて、
心を見透かされたのか、私が無意識の内に
ブツブツ文句垂れてたのかどちらかでしょう。
スポンサーサイト

イノシシに会わない

今年はまったくイノシシに会わない。
近くの畑のおっちゃんと話してもやはり見ないと言う。
日の短くなるこの季節、5時になるともう暗くなる道を
軽トラを走らせ山から下ろうとすると、ゴソゴソ畑の中で
動き回るイノシシを毎年目撃し、昨日イノシシ見たぜ!
なんて周りの農家に吹聴したりブログに書いたりして
ネタにして楽しんできたのだが今年はまったく会わない。

イノシシが畑に現れると、餌を探す為なのか
土をほじくりかえしたり、ビニールハウスの
サイドのビニールを突き破ったりと、とにかく
良いことは全く無いのだが見なければ見ないで
少し寂しい気もする。
これからの冬の季節、農家で集まって話題に途切れた時、
イノシシの話題で盛り上がることも出来ないとなると、
どうしたら良いのか途方にくれてしまう。
イノシシの話題さえ出しておけばとりあえずは
5分くらいは場が暖まるというのに。

冬もイノシシだ

私がイノシシを見たという話をすると、
近所の農家の方に、オレもいつも山の畑にいるけど
ほとんど会ったことなんて無い、
ジョーブ好かれてるだね、イノシシに。
と言われましたが、ウソではありません。
だって今日も見たんだもの。

夕方、バックホー(小型シャベルカー)で
畑の土を均していると、子犬のような
小さな生き物が道をトコトコ歩いているので
よく見るとイノシシの子供。
大きさからして、スコップか何かで殴れば
充分勝てると思ってバックホーから降りて
スコップ持って近づくと、藪の中から
一回り大きなイノシシがのっそり出てきました。
母イノシシでしょう。
うーん、勝てんな、これは。
こういう見極めが出来なくては
生き残れないのが自然界の掟。
とりあえず様子を見たのですが、
人間に気づいてもまったく逃げようとしません。
見極められていますね。
私には勝てると。
くそーバカにしやがって!
悔し紛れに石を投げつけてみたのですが、
驚いて5メートルほど逃げたものの、
また何事もなかったかのように
畑の肥料だか草だか何かを悠々と食べ始める始末。
悔しい。
そうだ、犬を飼おう、大きな犬を。

秋だイノシシだ

山に暮らす農家の秋にはイノシシとの出会いが待っています。
いました。
今シーズン初イノシシ。
真昼間から。

私も一年に十回ほどしか行かない
柿の畑が山の一番上のほうにありまして、
「行ったことないから連れてって」
という妻を車に乗せて、
近所の農家のおっちゃん達が
通称「ウサギ転ばし」と呼ぶ、
ひどい傾斜の道をブイブイ登っていると、
藪から飛びでてきましたウリボウが。
イノシシ見たの初めてという妻は、
少し嬉しそうでしたが、
坂道とたくさん実っている柿には
戸惑っている様子でした。

獣道

ウチの畑は山の斜面をなんとか耕作できるようにして
つくられた畑ばかりなのですが、やはり一番山奥の畑は
つくるのもしんどいので耕作放棄。
年に数回除草剤だけかけに行くところがありまして、
そこに行ったら、半年以上行ってなかったのですが、
畑の中に縦横無尽に踏み均されたケモノ道が走っていました。
獣の糞もあちこち落ちてるし。
イノシシのだったらまだいいが、
熊のだったらどうしよう。
殺される、絶対オレ殺される。
除草剤かけても死なないだろうし。
なんて考えていると茂みから急に鳥が
バタバタと飛び立って心臓に悪い。

Top|Next »

ホーム

大沢農園

Author:大沢農園
ひと足早いさくらんぼ狩り。
ゴールデンウィークからさくらんぼ狩りが楽しめます。
2012年さくらんぼ狩り予約受付中!
大沢農園

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。